東京のリハーサルスタジオは政治に興味をもとうとする学生たちで賑わった


東京のリハーサルスタジオには、政治に興味をもとうと考える学生が
集まり、前代未聞の熱狂に包まれることになりました。
学生の一人は、定期的な政権交代の必要性を訴えました。
ところが、度重なる政争によって政治の空白を生むことから、
出来る限りは安定的な長期政権が望ましいとする意見も
出されることになったのです。
リハーサルスタジオの学生たちは政治家の選び方についても
興味を抱いて、その構造的な問題についても議論しました。
国家の黎明期には個性的な政治指導者が登場しますが、
成熟期に達すると世襲の慣例が浸透して、
東京の国会に集結するのは頼りない世襲議員ばかりになる
という意見も出されました。
選挙に関しても意見が分かれましたが、
選ぶ側の有権者にも一定の責任があることでは考えが
一致したようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です