文京区の社会保険労務士が「学生政治ワークショップ」を開催した


文京区の社会保険労務士には様々な人がいますが、学生政治ワークショップを開催している人も中にはいます。
そのような人は、根っから政治好きで学生と関わりを持ちたい人の可能性が高いでしょう。
実際に開催している人の中には、過去に政治家を目指そうと思っていた人もいるため、非常に詳しいのが特徴になります。
しかしながら政治のワークショップは実際には仕事とは全く関係ないため、二足のわらじ状態で活動しているのがポイントになります。

対象は大学生

対象は大学生になるのは名前の通りになりますが、そもそも国政に関して興味を持っている学生はごく一部になります。
どのような学生が興味を持っているかと言えば、将来政治家を目指す人もいるかもしれません。
それだけでなく、現在の政治に対して不安を抱えている人が多いです。
日本の歴史を見ていくと、国会議員などは一昔前ならばかなり特徴のある人が多かったです。
その分悪いことをする人もいましたが現在の国会議員は良くも悪くもキャラクターが薄いのがポイントです。
実際に政治家らしい政治家はいなくなったと年配者は言うかもしれません。
しかしながら、今の議員は今のままで充分良いとも言えます。
これは時代の流れにあり、わざわざ昔のような国会議員が出てきても当選しない可能性があるでしょう。
このように、世代ごとに議員の印象が変わってきますのである意味このままで良いともいえます。
実際に活動的な人は割と学力の高い生徒が多いですが1つだけ問題なのは、興味を持っている若い人が少なくなっていることです。

投票率があがるキッカケになればいい

国政に興味を持っている人の特徴はやはり将来の日本のことを考えている人ですが、最近の若い人たちは諦めモードに入っている部分があります。
どうせ自分ががんばっても対して変わらないと考えている人が多いかあるいは全く最初から関心のない者のどちらかでしょう。
もし鞍替えしてもらうとすれば、国政に関して諦めている者に関心を持たせることが重要です。
ですが、これにもやり方があり単に興味を持たせるだけでは難しいといえます。
なぜなら国政に興味がある人の話は難しくて専門的だからです。
このように考えるならば、わざわざ関心を持っている人が話すのではなくもう少し間接的な理由から入ってもらうのが良いでしょう。
例えば、そもそも自分が活動しても投票することができるのは1回だけですが全体を巻き込むことによって大きな票を動かすことができるようになります。
そうすることで、自分自身でも国政を動かすことができると認識してもらいそこから活動がスタートするかもしれません。

新宿の整体で政治について考えた


政治についてそこまで関心があるわけではありませんが、日本の将来のことを考えると全く無関心であるということもよくないような気がしてきました。
一人が投票に行ったところで世の中が大きく変わるわけではないかも知れませんが、結局は一人一人の票が集まって政治の行方が決まるわけですから、自分一人ぐらいと思うのではなく、やはり関心を持つことは大事なことだと思ったのです。
そのようなことを整体院で治療を受けている時に考えていました。

選挙の日も終日営業の整体院

怪我をしてしまったので新宿の整体院に通っていたのですが、選挙の日ということもあって話題はそのことで持ちっきりでした。
自分はあまり関心がないのでどうでもいいと思っていたのですが、そこの先生から若い人ほど興味を持ったほうが良いと言われて、確かにそのとおりかもしれないと感じたのです。
あまりクドクドと説教をされたわけでもなく、単純に話をネタを振るためだけに言ったという感じだったのですが、今までほとんど関心を持っていなかっただけに、興味を持ついいきっかけだと思いました。
そこの整体院は選挙の日でも終日営業をしているので、先生は投票に行ったのだろうかと疑問だったのですが、他の利用者との会話の中で期日前投票をした耳に入ったため、人に言うだけでなくしっかり自分も投票に行っているのだということがわかりました。
何事も小さなことの積み重ねですから、選挙も一人一人が意識してい投票に行けばなにかが変わるかも知れないと思った出来事でした。

期日前投票を活用

選挙に興味を持たなければいけないと思っても、実際に投票に行くというのは面倒なものだったりします。
たまたま暇な時だったら良いのですが、他に予定が入ったり入る可能性があったりすると、それらの幼児を押しのけて投票に行こうという気にはなかなかなれなかったりします。
そのようなこともあって投票に行きづらい部分があったのですが、期日前投票を活用すれば無理なく選挙に行くことができるのではと思いました。
投票日が一日しかなければさすがに難しいものがありますが、何日もあるのであればその期間ずっと忙しいということもないでしょうから、これを活用しない手はありません。
もっと理想を言うのであればネット投票をすることができれば、それが一番今の人には良いのかも知れませんが、ない以上は仕方がありません。
後は投票できる場所がもっと増えて、大学のような教育機関でも随時受け付けをしていれば、若い人も投票しやすく興味を持ちやすいので良いのではないでしょうか。

軽減税率対応レジスターから政治を考える


最近のレジスターは様々な企業に対応しています。
ここ数年で小売店を取り巻く様々な環境が大きく変化しており、これに対応するために様々な機能を盛り込んでおくことがレジスターの売り上げを伸ばすためにも非常に重要な要素となっているようです。
その中でも税率に対する対応は必ず商店にとって必要な項目となるためその機能が盛り込まれていることは非常に重要な要素となっているのです。
このようなレジスターの対応は現代の政治と共通する部分があります。

軽減税率への対応の難しさ

レジスターが軽減税率対応を行う事は非常に難しいこととなっています。
その大きな理由は軽減税率の対象がまだ明確に決まっていないことです。
軽減税率を行う際には商品によって税率が変化することになりますがその情報を正確に読み取るためには商品による税率の情報をあらかじめレジスターに登録しておかなければなりません。
そのため登録行うための様々な機能を現在の機能に加えなければならない上、新たな商品に対しての税率の登録を販売をする前に利用者が自ら行うことが必要となると言う問題でも発生するのです。
現在は税率が一律なので単純に商品の種類にかかわらず一定の割合をかけ合わせれば良いのですが、個別に情報を与える必要があるとなるとその制御に大きな負担がかかることになり、登録をする人にもその作業が重大な負担となってのしかかります。
さらにこれらの情報を蓄積しておくためのデータベースも必要となりその規模が非常に大きくなってしまうことから導入費用や維持費用も高額なものとなってしまう恐れがあるのです。

政治の影響はある

レジスターを含めた販売システムが複雑になってしまう背景には現代の政治の様々な問題が反映されていると考えざるをえません。
消費税を導入し財源を効果的に確保しようとすることに対し、税率を設定する際の様々な準備が追いつかずに数年ごとに税率を変化させている事は残念ながら将来の財源に対する見通しが甘すぎると考えられてしまう面もあるのです。
レジスターを購入する側としてはいちど導入すれば多少のメンテナンスはあるもののある程度の長期間は使用し続けたいものですが、このシステムが対応できないほどの大きな変化や、また従来のシステムでは確実に対応できない様々な新たな方策の導入は十分に検討をしてから行ってもらいたいものです。
レジスターを販売する側としては古い機種が使えなくなることで新たな機能を搭載したものを販売する機会が増え、利益につながると言う側面もありますがこのような販売方法では利用者の反感を買う部分も多く、トラブルを招きやすい点についても十分に意識をすることが大切で、政治に大きな影響受けてしまう業界となっているのが実態です。

東京のリハーサルスタジオは政治に興味をもとうとする学生たちで賑わった


東京のリハーサルスタジオには、政治に興味をもとうと考える学生が
集まり、前代未聞の熱狂に包まれることになりました。
学生の一人は、定期的な政権交代の必要性を訴えました。
ところが、度重なる政争によって政治の空白を生むことから、
出来る限りは安定的な長期政権が望ましいとする意見も
出されることになったのです。
リハーサルスタジオの学生たちは政治家の選び方についても
興味を抱いて、その構造的な問題についても議論しました。
国家の黎明期には個性的な政治指導者が登場しますが、
成熟期に達すると世襲の慣例が浸透して、
東京の国会に集結するのは頼りない世襲議員ばかりになる
という意見も出されました。
選挙に関しても意見が分かれましたが、
選ぶ側の有権者にも一定の責任があることでは考えが
一致したようです。

陥没乳首で悩んでいたら学生なんだから政治に興味をもとうと鼓舞された


陥没乳首だろうが別に今の政治状況とは全く関係ないわけで、
それがどうしたとしか言えないわけです。
日本は保守(極右)の人間がほとんどを占めており、
政治に興味をもとうなどと言っても結局右よりの方々にしか
票を入れないので現状が変わることはないです。
特に学生は騙されやすい印象もあり、知識も持っていないので、
イメージでしか投票を行わないです。
毎度毎度ポピュリストに踊らされて選挙のたびに
自分たちの生活が悪くなっていく方に
投票するのを見ると滑稽で、失笑を禁じえないです。
不況が長く続きすぎ、新自由主義に洗脳され、
中国や韓国が悪いと他国への憎悪を膨らまし、
沖縄の問題を見ても知らんぷり、
電車に飛び込む奴を見てもなんとも思わない
日本人の精神はすでに放射能以上に汚染されているのは
間違いないです。
いずれ経済恐慌か火山噴火等の災害で
日本は世界最貧国まで落ちぶれるでしょうが、
誰も助けてはくれないでしょう、自己責任です。

施工図は施工図屋が学生の政治活動をするために作成したものだった


施工図には政治に興味をもとう、政治の素晴らしさを
知ろうと書いてあります。
これは施工図屋が、学生達に政治活動をしてほしいと考えて作
成したもので、一時的ではありますが
興味を抱く生徒が増加する要因になっています。
そして施工図屋が作る施工図が売れるきっかけにもなるため、
学生達の活動は、施工図屋が繁盛する効果も期待できます。
施工図に書かれた政治に興味をもとうという文字、
その真偽を知るのは、学生達が通う学校の
校長と副校長だけが知っています。
校長と副校長は、学校に必要があるのかと時々議論を交わしますが、
地域活性化につながるので黙認をする場合がほとんどです。
政治の話題を出す生徒は時間が経つといなくなるので、
学校内は徐々に平静を取り戻していきます。

ウユニ塩湖が政治に興味を持つ学生にも人気があるワケ


ボリビアのウユニ塩湖は世界でも屈指の観光名所ですが、
何分地域が南米なので治安や政治状況が気になるのは
致し方ないことだと思います。
私自身テレビで初めてウユニ塩湖を見たとき、
その絶景に感動しいつか足を運んでみたいと心躍らせましたが、
色々調べて見れば見るほど、良いところよりも治安の悪さや
政治の状態など悪いところばかりが目立ってきて
行くのを躊躇っている内に機会を逃してしまいました。
しかしそれは私個人の話であって、中には色んな地域に行って
その環境を肌で感じたいと思っている人も多いと思います。
その点で言えば、政治に興味をもとうとしている学生にとっては
絶景と経験、政治状況など一度に多くのことを学べる機会になるので
人気の観光スポットになっているのでしょう。

autocadを使いながら隣の学生に政治に興味をもとうと声をかけてみた


autocadなど使っても政治に興味が持てる奴などいないです。
気味悪がられるだけかもしれないです。
どうせ学生なんか軽いノリで投票に行くのだから、
深く考えるだけ無駄です。
所詮日本には共産党を除けば資本主義擁護で
新自由主義に染まり切った極右政党が大半を占めるのだから、
政治に興味をもとうなどと言っても現状が変わることはないです。
日本人の多くは自民党や民進党に投票して
ディストピアを作り上げるのが選挙だと考えているのは
間違いないです。
小泉改革の焼き回しをアベノミクスなどと呼び、
効果が出ないなどと言う、素晴らしいです。
笑点ならば、「山田君、座布団の代わりに熱せられた鉄板を用意して、
焼き土下座させてあげて」とでも言うところです。

横浜で看板を出した内容は、学生に政治に興味を持ってもらえるもの


若者の政治離れが進んでいると聞いて、
すこし嘆かわしい印象を持ちました。
政治には年齢が関係ないからです。
日本に住んでいる以上、日本がどんな政治を行っているのかを
気にする必要があります。
横浜で看板を出したのですが、政治に興味をもとうという内容です。
学生に対してアピールできればいいなと考えています。
これからの学生には、自分のことだけでなく、
もっと周囲のことを考えてもらいたいです。
そのきっかけとして、この看板が役に立ってくれたら
こんなに嬉しいことはありません。
これからも自分の意見を大切にしていきたいですね。
草の根運動に近いですが、ひとりでも多くの学生が
いろいろな大切なことを考えてくれたらと願っています。

化粧ポーチは政治に興味をもつ学生に人気のアイテム


化粧ポーチは、ある意味、あってもなくてもよいものでもあります。
大ざっぱな性格の女性や、あまり整理整頓が
得意でないひとにとっては、必要と感じず、
使っていない女性もいます。
しかし、化粧品は、細かいものも多く、
きちんとしまい持ち歩きたければ、
やはり、化粧ポーチに収納したほうが効率的です。
そういった点から、政治に興味をもつ学生は、
しきりのたくさんついたポーチを愛用することが多くあります。
しきりの多いポーチは、リップやグロス、綿棒など、こまかな物も、
バラけることなく収納出来ますし、化粧筆なども、
汚さずに持ち歩けます。
政治に関心をもつというのは、
向上心が高い傾向にあるということでもあるので、
そういった女性が、化粧ポーチを愛用するのは、
きちんと感を大切にする心理からとも捉えられます。

レンタルオフィスなら千代田区が政治に興味をもつ学生に都合良い!


政治に興味をもとうと思っている学生がレンタルオフィスなら千代田が
オススメです。
何でかというと、千代田区はまさに日本の政治の中心だからです。
千代田区は東京23区のなかでも中心部にあり、皇居や官庁街もあり、
日本の政治の中枢といえるような場所だからです。
このようなところに居住していれば、
いやがうえにも政治に関心が高まります。
国会議事堂の周りをちょっとブラブラするだけで、
いろいろな団体が街宣車などで主張をアピールしたりしています。
それらに耳を傾けてみるだけでも、関心が高まること間違いなしです。
また情報の中枢でもあり、図書館や博物館、美術館などの施設も
充実していますから、学生の知的欲求を
とても刺激してくれる場所です。
若いうちは是非こういうところに住んで勉強するのがいいです。

臨床心理士が政治に興味をもとうとする学生の心的動きについて解説した


臨床心理士として、政治に興味をもとうする学生の
心的動きを考えてみました。
元々10代後半から20代前半は、政治を筆頭とした社会問題について、
前向きに考える時代でもあります。
また近年は若者が社会の中でも一際少ない、稀有な時代です。
社会を言わば支配しているのは、高齢層であり、
政治や経済に対して何とも言えない閉塞感を感じ、
政治に興味をもとうと試みる学生が近年増加しています。
勤勉で真面目、更に今の閉塞感に溢れた自分を改善したい、
といった健全な反骨精神に溢れた若者が
政治に強い熱意を持っており、
デモや反政府派の運動へと積極的に参加しています。
かつての学生運動とは対照的に、若者の数が少なく、
マイノリティとして危機感を感じている若い世代も多いです。

iphone買取を横浜でやってないか探していたら


これからの高齢化社会のことを冷静に考えると
ぞっとする図が出来上がります。
高齢化が進めば進むほど少子化が加速する…
これからの日本はどうなるのでしょうか?
日本では政治に興味をもたない学生が本当に増えた、と思います。
未来に夢が持てないのは先が見えないからなら、
政治で道筋をつけることも考えてほしいです。
今日はiphone買取を横浜でやっている店がないか探していましだが、
ふと駅前で演説している政治家を見て考え込んでしまいました。

横浜の外構工事・エクステリア施工会社【日本造園】
ホームページアドレス:http://www.nihonzouen.com/